FC2ブログ

Entries

博物館における写真撮影と静寂環境維持についてのアンケート結果(帝塚山大「博物館経営論」受講生)

博物館における写真撮影の問題、そして静寂環境の維持という問題について、帝塚山大学博物館経営論受講生にアンケートをとってみました。

質問は次の2つ。
①展示室内の写真撮影について賛成?反対?
②展示室内は静かでないといけない?
大学生の率直な意見です。ご参考に。

学生1
 ①賛成します。
 ②音がしていても大丈夫。子供の時に美術館に行くのはとても楽しみでした。しかし同時にとても嫌でもありました。静かにしないといけないといけなかったからです。そういう事があったので、私は音がしていても大丈夫派です。

学生2
 ①写真撮影には賛成する。
 ②静かである方が良い。が、話はOK。話をするのは良いと思う。説明しあったりする方が好ましいが、全員が話すことを考えれば、声を大きくして話をしなければならなくなる。結果話すことに夢中になってきたら意味がない。

学生3
 ①写真撮影は反対です。人は写真を撮る時、画面に集中する人が多く、注意力が落ちます。そんな人が沢山いるのは少し嫌です。
 ②博物館は音がしていても大丈夫です。学ぶ場だと思っているので、話して情報などを共有するのは大事なことだと考えます。

学生4
 ①賛成。でもできるだけ撮影は無音のカメラをすすめるようにした方がよいと思います。
 ②博物館は静かな方が好きです。小さい声で話す程度なら気にはなりません。作品について外に行ってから話すより、その場で話したい事があると思うので。

学生5
 ①賛成。資料の保存に問題がなければ撮影してもよいと思う。
 ②博物館で音がしても平気。自分が見る立場になったとき、いっしょに来た人と意見を言いながら見たいから。

学生6
 ①反対。
 ②シーンとしているとうれしい。

学生7
 ①写真撮影は一部の展示物を除いて賛成。
 ②博物館は音がしていても大丈夫。

学生8
 ①写真撮影は賛成。
 ②すごくうるさくなかったら音がしていても大丈夫です。

学生9
 ①賛成です。
 ②多少の音がしても大丈夫。

学生10
 ①②どちらもOKだと思います。GW中に佐賀県立博物館の特別展を見に行きましたが、どちらも可であったので、すごしやすく感じました。たださすがに大声はどうかと思いますが。

学生11
 ①写真撮影についてアリだと思う。
 ②静かでなくてもいいと思う。せっかく現物やレプリカを見ているのだからそれについて話をして学びたい。

学生12
 ①混み具合にもよるが賛成。混んでいる場合だとごったがえす可能性がある。
 ②静か派だがあまり大きな声でなければ別に構わない。

学生13
 ①賛成。
 ②音がしていても大丈夫です。カメラのシャッター音ぐらいなら大丈夫かなと思いました。

学生14
 ①写真撮影は賛成です。シャッター音も無ければ良いですが、あっても別に問題はないです。
 ②関係のない音以外は、全然アリだと思います。情報共有の場であってもいいのではないかと思います。

学生15
 ①写真撮影は賛成である。
 ②会話は暗黙のルール感はある。騒ぐと会話は別と思っているので多少は良いと。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/836-2eddce45

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索