FC2ブログ

Entries

兵庫県立歴史博物館「お城ができる前の姫路」、大阪市立美術館「仏像 中国・日本」鑑賞記

11月17日
兵庫県立歴史博物館
 特別展 お城ができる前の姫路
(10月5日~11月24日)

 姫路の中世史を、寺社と地域史、赤松氏と地域支配の観点から紹介する、同館の調査研究活動を集大成した展示。円教寺性空上人坐像(寛弘4年〔1007〕の可能性)、円教寺根本薬師堂伝来の舎那院薬師如来坐像、南宋・嘉煕元年(1137)造像の法恩寺菩薩坐像、正八幡神社男女神坐像、八正寺の文保2年(1318)銘)鬼面、津田天満神社の北野天神縁起絵巻(重文)のほか、中世文書を多数集めて地域史を立体的に叙述する。お目当ては大覚寺の天正17年(1589)芝琳賢筆の当麻曼荼羅図。中近世移行期の南都絵所絵師の画風をしっかりチェック。芝琳賢は天文頃と天正頃に活躍した二人がいるが、本図の旧軸木には「後之琳賢」との呼称が用いられている点は重要で、『多聞院日記』の「前ノ琳賢」〔文禄2・12・14条〕の表記(拙稿「南都絵所座の後裔」『仏教史研究』34、1998)と対になるもの。図録あり(1900円、192ページ)。

大阪市立美術館
 特別展 仏像 中国・日本-中国彫刻2000年と日本・北魏仏から遣唐使そしてマリア観音へ-
(10月12日~12月8日)

 中国の仏像様式の展開とその日本への伝播の2000年史を、請来された国内の仏像の数々を集めて紹介。北魏~唐の石仏は同館中国仏像コレクションをフル活用してその意義と重要性を自ら高める。堺市博観音菩薩立像・神福寺十一面観音立像の隋唐の檀像、観心寺聖僧坐像・善願寺僧形坐像・浅草寺僧形坐像の唐代木彫像、泉涌寺楊貴妃観音(~10/20)・清雲寺観音菩薩坐像・仁和寺観音菩薩坐像の南宋木彫像、隠元所持の泉涌寺釈迦如来坐像・萬福寺韋駄天立像・長崎奉行伝来のマリア観音像など明清・黄檗彫刻と、そのかたちの特徴とともに、真の仏像を希求し中国から請来した人々とそれを継承し続けた信仰の歴史を展示室内に浮かび上がらせる。図録あり(202ページ、2200円)。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/857-89ac7269

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索