FC2ブログ

Entries

奈良市史料保存館「昭和の奈良町の仏像研究家の足跡-太田古朴・仏像修理研究資料展示-」鑑賞記

3月28日
奈良市史料保存館
 企画展示 昭和の奈良町の仏像研究家の足跡-太田古朴・仏像修理研究資料展示-
(3月3日~3月31日)

 多数の仏像修理に携わり、また研究を行った仏像修復家太田古朴(1914~2000)の遺品の発見と整理の完了に伴い一部を公開。特に日本彫刻史上に重要な意味を有する納入品を伴う仏像として、金峯山寺聖徳太子及び二童子像(文永11年〈1274〉)、伝香寺寺像菩薩立像(安貞2年〈1228〉)、東大寺中性院弥勒菩薩立像(研究4年〈1193〉)、円成寺南無仏太子立像(延慶2年〈1309〉)、興善寺阿弥陀如来立像(源空・証空消息納入)の納入品納置状況を示す図面を紹介して、その資料価値を再評価する。リーフレットあり(6ページ)。  
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/868-8c933943

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索