FC2ブログ

Entries

玉稿頂戴しました(20080809)


「以上、今回調査の対象とした三像は、いずれも平安時代中期の特色をしめす作例である。なかで、薬師如来像が、本尊地蔵菩薩立像よりもむしろ本格的な中央風の作風をみせることがことに注目されるが、(中略)寺伝では隣里から移したようにも語られるこの像こそ、この寺のほんらいの本尊ではなかったか。」(山本・平野2008、52頁)
山本勉・平野智子「国府津・宝金剛寺平安中期彫刻調査報告」(『清泉女子大学人文科学研究所紀要』29、2008・3)
上記論考を主執筆者の平野さんより頂戴しました。ありがとうございます。仏像がもつ情報を読み取っていくと、地域の歴史の積み重なり方が実は複雑であったことが見えてくることがあります。整理された情報も大事ですが、たとえ混沌としていても生の情報をたくさん確保することが地域史理解の上で不可欠であり、寺院の文化財調査報告を共有させてもらえることは大変意義深いものと思います。

【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/89-4d582fe5

トラックバック

コメント

[C31]

ご紹介いただき、ありがとうございました。お礼申しあげます。
  • 2008-08-14 19:55
  • 山本
  • URL
  • 編集

[C32]

こちらこそありがとうございます。
県指定の銅造如意輪観音坐像、これまで存じ上げておりませんでしたが、興味深く拝見いたしました。土中した時期があるようにも見えますが、状態がいいんですね。勉強になります。
  • 2008-08-16 00:12
  • ookouchi tomoyuki
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索