fc2ブログ

Entries

城陽市歴史民俗資料館「神のすがた・仏のかたち」。京都国立博物館「畠山記念館の名品」鑑賞記

12月4日、休日ながら京都で会議。前後に久々の展覧会鑑賞。

城陽市歴史民俗資料館
 特別展 神のすがた・仏のかたち-城陽・井手を中心に-
(10月30日~12月19日)

 帝塚山大学附属博物館と同館による城陽市・井手町の寺社文化財調査の成果を紹介。平川廃寺・神雄寺跡出土の塑像断片や久世廃寺出土誕生釈迦仏など白鳳~奈良時代の作例から平安時代後期の旦椋神社大将軍神像、高神社の鎌倉時代の獅子頭、水主神社の獅子・狛犬(台座裏面に嘉禎4年[1238]の墨書銘あり)など、幅広く資料を集める。西福寺聖観音立像は高く太い髻としなやかな体躯の10世紀彫像、同寺不動明王坐像はがっちりと組んだ膝に厚みのある古様を伝える11世紀彫像。仏像・神像から地域の信仰史を浮き上がらせる大切な取り組み。図録あり(17ページ、390円)。

京都国立博物館
 特別展 畠山記念館の名品-能楽から茶の湯、そして琳派-
(10月9日~12月5日)

 終了直前に滑り込み。現在施設改築中の畠山記念館が所蔵する、近代数寄者畠山即翁蒐集の名品を一堂に展示。柿の蔕茶碗銘毘沙門、伊賀花入銘からたちや伝牧谿筆煙寺晩鐘図など茶道具や茶掛けの名品を中心に、伝日光作の延命冠者(室町時代)、万媚(桃山~江戸)や加賀前田家伝来の装束など能の資料も充実。近世の大名家から近代の実業家へと遷移した茶道・能楽愛好と名品所持愛玩の近代史といったおもむき。図録あり(408ページ、2800円)。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/904-65591f1d

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索