FC2ブログ

Entries

不意の訃報

今日は、葬式への参列のため、車で伊賀上野へ。
大学時代の先輩が、37歳の若さでこの世を去りました。
岡森福彦さん。古代史の研究者で、「古代の清掃と掃守氏」(『日本歴史』650、2002・11)、「宿彌と伴造−八姓宿彌の賜姓氏族と天武朝官制−」(『龍谷史壇 』123、2005・3)、「忌寸と国造?八姓忌寸の賜姓について?」(『日本宗教史文化史研究』12-1、2008・5)などの論文を発表されてこられました。
今年6月に龍谷大学の非常勤講師として講義中に倒れ、闘病されましたが、8月20日に永眠されました。
私の学部時代すでに大学院生でいらっしゃいましたが、同時期に学芸員資格取得のためのコースをとっていて、とても濃密な時間を過ごしました。その後は頻繁に会うということはなくとも、たまに龍谷大学でお会いして、美術史学での古代の神像研究における歴史認識・史料解釈への痛烈な批判を聞かせてもらうなど、常に刺激を受ける存在でした。
飄々としながらも、ユーモアにあふれて懐が大きく、落語を聞くような語り口も相まって、他に一人としていない独特の個性をお持ちでした。
ご冥福をお祈りいたします。

【観仏三昧―仏像と文化財の情報ページ―】
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/93-e018ed16

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
和歌山県立博物館の学芸員です。
仏像の研究者だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索