fc2ブログ

Entries

龍谷ミュージアム特別展「真宗と聖徳太子」鑑賞記

4月5日
龍谷ミュージアム
 特別展 真宗と聖徳太子
(4月1日~ 5月28日)

 親鸞生誕850年記念に、真宗における聖徳太子信仰の諸相を紹介。真宗では親鸞が六角堂にて聖徳太子の示現を得て専修念仏へと進んだことから聖徳太子を重視する。順照寺和朝太子先徳連坐像(至徳元年・1384)、佛道寺光明本尊(応永5年・1398)、豪攝寺南無仏太子像、頓受寺南無仏太子像、光照寺聖徳太子童形立像、西光寺童形立像(暦応4年・1341)、松岡寺聖徳太子孝養立像、常楽臺存覚像(応安5年・1372)、瑞泉寺聖徳太子絵伝、正雲寺聖徳太子絵伝、)などなど、中世の作例多数。真宗系絵伝や祖師像の多様なバリエーションを一望できるありがたい機会。出陳リストにないが、展示の最後にハーバード大学美術館所蔵の南無仏太子像の像内納入品の精巧な複製を紹介。科研「宗教テクスト文化遺産アーカイブス創成学術共同体による相互理解知の共有」の成果を反映。図録あり(152ページ、2000円)。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/945-1500c0a4

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索