fc2ブログ

Entries

奈良県立美術館「漂泊の画家 不染鉄」、奈良教育大学教育資料館「密教寺院 妙法寺と八幡信仰」鑑賞記

2月1日
奈良県立美術館
 漂泊の画家 不染鉄-理想郷を求めて-
(1月13日~3月10日)

 開館50周年記念として同館で3度目の回顧展。木下美術館《山海図絵(伊豆の追憶)》、奈良県立美術館《山》、愛知県美術館《南海之図》、個人蔵《いちょう》など初期から晩期までの代表作とともに、赤膚焼や染色品等多様な作品も集める。独特な構図や画風に引き込まれる。南都正強中学(現・奈良大学附属高校)理事長・校長の経歴あり。図録あり(160ページ、2500円)。

2月5日
奈良教育大学教育資料館
 密教寺院 妙法寺と八幡信仰
(2月5日~2月8日)

 文化遺産教育専修の教員・院生・学生による妙法寺(みずし観音)の文化財調査成果を展示として発表。元亀2年(1571)椿井式部作の大日如来坐像は、新たに撮影した像内銘記のビデオスコープ画像も掲示。「代々椿井聖霊有縁無縁」など親族の結縁を示すのは同時期の宿院仏師と共通。ありがたく学。絵巻では元禄9年(1696)制作の御厨子山妙法寺縁起絵巻、隣接する御厨子神社に関わる資料である八幡大菩薩縁起絵巻を紹介。パネル展示では新出の鎌倉時代の不動明王立像を紹介。地域の中で継承された美術資料を共有させてもらうありがたい機会。図録あり(41ページ、無料)。
スポンサーサイト



この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://kanbutuzanmai.blog66.fc2.com/tb.php/976-cf707281

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索