fc2ブログ

Entries

和歌山県立博物館企画展「新収蔵品展2024」鑑賞記

2月28日
和歌山県立博物館
 企画展 新収蔵品展2024
(2月23日~4月14日)

 近年同館が収集した新資料のなかから37件59点を紹介。粉河寺本尊の信仰史を伝える千手観音及び役行者・丹生明神像の三幅対や、祇園南海筆南海詩稿、寛永5年(1628)の徳川頼宣書状(円満院宛)、和歌祭礼行列図屛風、紀伊国名所図会高野山図下絵、南紀高松焼色絵牡丹図土瓶などバラエティに富む内容。光川亭仙馬作の南紀男山焼染付不老橋図菓子鉢や隅入方形小皿土型と三田焼の型や製品との類似を示して仙馬の学習を読み取ったり、「偕楽園製」銘交趾写寿字文花入から近代における近世陶磁器の写しの問題に切り込むなど、コレクションの中核をなす陶磁器の展示に新視点を盛り込む。図録なし。

あべのハルカス美術館「円空-旅して、彫って、祈って-」鑑賞記

2月22日
あべのハルカス美術館
 開館10周年記念 円空-旅して、彫って、祈って-
(2月2日~4月7日)

 江戸時代の遊行僧円空の手になる行者系彫像の数々を、代表作を多数含んで初期から晩期までを見はるかす。岐阜・千光寺の彫像群が展示の中核をなし、同寺資料については撮影も可。千光寺両面宿儺坐像、三十三応現身立像、奈良・栃尾観音堂護法身像、岐阜・中尾薬師寺薬師如来坐像、園城寺善女竜王立像、法隆寺大日如来坐像、栃木・不動明王及び二童子立像などなど。愛知・荒子観音寺の補修仏像(菩薩形立像)は平安時代の朽損した仏像を円空が面部を彫り直して右前膊を補ったもので、荒れた像表面をそのままに仕上げる。円空と古仏との関わりを示すだいじな痕跡。図録あり(160ページ、2800円)。

奈良県立万葉文化館 「7人の万葉歌人からたどる万葉集」鑑賞記

2月21日
奈良県立万葉文化館
 館蔵品展 7人の万葉歌人からたどる万葉集
(1月13日~3月3日)

 額田王、柿本人麻呂、山部赤人、山上憶良、大伴旅人、大伴坂上郎女、大伴家持の7人の歌人の有田焼製人形をアイコンにして、時期を分けながら万葉歌の世界観を館蔵日本画で紹介。平山郁夫《額田王》、畠中光享《春柳葛城山》、片岡球子《富士》、加山又造《月と秋草》、上村淳之《佐保の詩》などのほか、狩野永納筆三十六歌仙色紙帖、管楯彦筆大伴旅人卿羨酒壺、賀茂真淵の讃のある柿本人麻呂像等々館蔵資料を活用。歌人の履歴書風解説版や漫画風解説版、顔ハメ撮影用パネルなど来館者を楽しませる演示の手法を組み込んで、館蔵資料の新たな見せ方を提示。解説・目録収載の展覧会だよりあり(10ページ、無料)。

奈良県立美術館「漂泊の画家 不染鉄」、奈良教育大学教育資料館「密教寺院 妙法寺と八幡信仰」鑑賞記

2月1日
奈良県立美術館
 漂泊の画家 不染鉄-理想郷を求めて-
(1月13日~3月10日)

 開館50周年記念として同館で3度目の回顧展。木下美術館《山海図絵(伊豆の追憶)》、奈良県立美術館《山》、愛知県美術館《南海之図》、個人蔵《いちょう》など初期から晩期までの代表作とともに、赤膚焼や染色品等多様な作品も集める。独特な構図や画風に引き込まれる。南都正強中学(現・奈良大学附属高校)理事長・校長の経歴あり。図録あり(160ページ、2500円)。

2月5日
奈良教育大学教育資料館
 密教寺院 妙法寺と八幡信仰
(2月5日~2月8日)

 文化遺産教育専修の教員・院生・学生による妙法寺(みずし観音)の文化財調査成果を展示として発表。元亀2年(1571)椿井式部作の大日如来坐像は、新たに撮影した像内銘記のビデオスコープ画像も掲示。「代々椿井聖霊有縁無縁」など親族の結縁を示すのは同時期の宿院仏師と共通。ありがたく学。絵巻では元禄9年(1696)制作の御厨子山妙法寺縁起絵巻、隣接する御厨子神社に関わる資料である八幡大菩薩縁起絵巻を紹介。パネル展示では新出の鎌倉時代の不動明王立像を紹介。地域の中で継承された美術資料を共有させてもらうありがたい機会。図録あり(41ページ、無料)。

京都国立博物館「泉穴師神社の神像」、龍谷ミュージアム「眷属-ほとけにしたがう仲間たち-」鑑賞記

1月23日
京都国立博物館
 修理完成記念特集展示 泉穴師神社の神像
(1月2日~2月25日)

 このたび修復された泉穴師神社の神像群のうち26軀を、修理時の情報とともに紹介。大小様々で彩色が良好に残る男女神坐像のペアが多数並んで壮観。最も大きい主祭神像のペア(天忍穂耳命坐像・栲幡千々姫命坐像)は一木から木取りして正中で左右に割り離し、像底から内刳りを施して腰部を棚板条に残すという特殊な構造。女神像(その47)は頭部に左右二つに分かれた髻を結い、三道をあらわして襟を立て、体厚も大きい10世紀の作例。ほか肉身を漆箔仕上げとする男神像も多数。ありがたく鑑賞。リーフレットあり(無料)。

龍谷ミュージアム
 仏教の思想と文化-インドから日本へ- 特集展示:眷属-ほとけにしたがう仲間たち-
(1月9日~2月12日)

 仏菩薩に従う護法善神としての眷属を、さまざまな作例から紹介。平等寺薬師三尊十二神将像(伝土佐光茂筆)、永観堂禅林寺千手観音二十八部衆像はそれぞれ三幅対で眷属を重視する。個人蔵文殊五尊像は正面から群像を見る珍しい構図。七条仏師が制作した仏像雛形を多数活用。図録なし。

尼崎市立歴史博物館 「尼崎市指定文化財の精華」、西宮市大谷記念美術館「画人たちの仏教絵画」、池田市立歴史民俗資料館 「池田のたからもの」鑑賞記

11月5日
尼崎市立歴史博物館
 特別展 尼崎市指定文化財の精華(前期)
(10月1日~11月30日)

 初めて尼崎市指定文化財が指定されてから40年目を記念して、市指定文化財を一堂に公開。仏像では治田寺十一面観音菩薩立像(11c)、ぐいっとくびれた胴が特徴的な白衣観音寺の毘沙門天立像(11c)のほか、お目当ての寶樹院の豊臣秀吉坐像(豊国大明神像)及び菊桐文蒔絵厨子と桑山重晴坐像をありがたくじっくり鑑賞。桃山時代彫刻を考える上での重要資料の一つ。長遠寺の鰐口・雲板のうち、天文6年(1537)銘の鰐口に「紀州松江池大明神鰐口也」とあって紀州伝来資料であることを把握。ほか長遠寺の天正16年銘を有する日蓮大聖人註画賛図録、本興寺の海北友松筆押絵貼屏風など(80ベージ、1500円)。

西宮市大谷記念美術館
 画人たちの仏教絵画-如春斎再び!-
(10月21日~11月26日)
 近世画人が描いた仏画を多数集めて展観。西宮ゆかりの勝部如春斎筆茂松寺三十三観音図、一休寺の原在中筆三十三観音図はともに東福寺の明兆筆三十三観音図を基にしたもの。一休寺の仏涅槃図や釈迦十六善神像など原在中のうまさにうなる。ほか鈴木其一筆荼枳尼天曼荼羅、池大雅筆観音図、田能村竹田筆白衣観音図、呉春筆地蔵菩薩二童子像、紀広成筆聖僧文殊像などさまざまな絵師のさまざまな画題を紹介。作者名を伴わない絵仏師作例や、専業絵師ではない林丘寺光子内親王の観音像なども紹介して、近世仏画を巡る諸相を幅広く捉える。近世仏画研究の展望が開かれつつあることを展示を通じて共有する。図録あり(2500円、176ページ)。

池田市立歴史民俗資料館
 特別展 池田のたからもの
(10月14日~12月3日)

 池田市内の指定文化財を紹介。仏像は久安寺増長天立像(11c)、東禅寺天部立像(11c)、両脚部の大半も含め一材から彫り出す古様な不動明王坐像(10c)、市蔵の阿弥陀如来坐像(13c)を出陳。絵画では久安寺の久安寺縁起(真名本、仮名本)。ほか民俗資料、考古資料、歴史資料も並ぶ。図録あり(40ページ、800円)。

久安寺
 そばまできたので久安寺初訪問。重文仁王門は室町前期とのことで、仁王像は鎌倉時代末〜南北朝、14世紀ぐらい。境内に建立されたストゥーパ内には像長6メートルを超える涅槃釈迦像。

浜松市美術館「みほとけのキセキⅡ-遠州・三河のしられざる祈り-」鑑賞記

11月3日
浜松市美術館
 みほとけのキセキⅡ-遠州・三河のしられざる祈り-
(10月14日~12月3日)

 同じ主タイトルの前回展示(2021年)に引き続き、静岡県西部と隣接する東三河の古代から近世までの仏像神像を、最新の調査成果を反映して紹介。大宝院廃寺出土の菩薩立像塼仏や遠江国分寺出土の塑像片、定光寺の平安時代後期・等身の千手観音立像、岩室観音堂の巨大な仏頭など優美な中央風の作例、普門寺阿弥陀如来坐像や熊野神社不動明王立像など堅実な鎌倉時代前期作例、神像研究上に重要な府八幡神社の11世紀の早いころの僧形八幡神坐像と女神坐像、像内に延慶三年(1310)銘を有する林慶寺大日如来坐像、宝林寺の康祐作黄檗様四天王立像など、当地の仏教文化の諸相を一望できる貴重な機会。今回の展示には間に合わなかったものの像内に仁治3年(1242)造像銘を有する玖延寺薬師如来立像を一日造立仏とみなせることについて、速報的にパネル紹介する。前回展に引き続きほとんどの作例が写真撮影可とした英断も、所蔵寺社との高い信頼関係を構築していることの現れ。子ども向けサブキャプションほか鑑賞支援も充実していて、新時代の仏像展示の理想的なカタチ。図録あり(112ページ)。担当島口直哉学芸員の総論・論考5本(!)掲載。

応賀寺
 湖西市の応賀寺が開創1300年記念大法会の当日であることを島口さんに教えてもらって駆けつけ。ご高配を得て開帳されていた秘仏本尊薬師如来坐像(鎌倉時代)と四天王立像(平安時代)をご拝観。宝物館の阿弥陀如来坐像(平安時代)、文永七年(1270)の毘沙門天立像と像内納入品ほかをありがたく拝観。

和歌山市立博物館「葛城修験の世界」鑑賞記

11月2日
和歌山市立博物館
 特別展 葛城修験の世界
(10月28日~12月10日)
 和歌山市内に伝わる関係資料の調査成果を軸に葛城修験を紹介。加田・迎之坊伝来の中世~近世文書群(県指定文化財))を活用しながら、奈良大学との連携で調査した和歌山市内一之宿関連資料を伝える常行寺、二之宿関連資料を伝える西念寺、三之宿関連資料を伝える本恵寺の文化財を取り上げるとともに、七之宿葛城中台中津川行者堂の文化財や八之宿犬鳴山七宝瀧寺や槇尾山施福寺、松尾寺の資料も集める。葛城修験の日本遺産登録後、堅実に地域内の関連文化財調査を続けてその実態把握に努めてきた途中成果を展示を通じて広く共有するものであり、博物館・教育委員会の大切な役割を果たす。図録あり(92ページ、1700円)。

神奈川県立金沢文庫「廃墟とイメージ」、鎌倉歴史文化交流館「金剛三昧院展」、鎌倉国宝館 「国府津山寶金剛寺」、神奈川県立歴史博物館 「足柄の仏像」鑑賞記

11月1日
神奈川県立金沢文庫
 特別展 廃墟とイメージ-憧憬、復興、文化の生成の場としての廃墟-
(9月29日~11月26日)

 廃墟を見つめる眼差しと表現、そこから生成される再生の萌芽という重厚で重層的なテーマを展示で表現。本法寺法華経曼荼羅、本興寺法華経曼荼羅、聖衆来迎寺六道絵、平野美術館二河白道図、京博病草紙、東大寺東大寺大仏縁起、奈良博東大寺縁起など。ほか称名寺文書のテクストの上にも廃墟イメージを浮かび上がらせる。広範な対象を少しずつ取り上げたことでテーマの中核はやや拡散したが、廃墟と再生という新たな美術史研究の手法を立ち上げる最先端の営みとその成果。図録あり(128ページ、2000円)。

鎌倉歴史文化交流館
 企画展 金剛三昧院展-鎌倉殿を弔った寺院の軌跡-
(9月25日~12月2日)

 北条政子創建、高野山金剛三昧院の国宝多宝塔建立八五〇年を記念し、ゆかりの鎌倉で展覧会を開催。同寺の中世文書及び近世の頂相を中心に紹介。仏像では平安時代後期の地蔵菩薩立像は後世に体型を膨らませる改造を施し、部材は現状着脱できる特殊な作例。天文五年(1536)銘を有する南都・宿院仏師作の弁才天坐像は、仏師名として「国光(源四郎)」「国次(源次)」という番匠名を示す、宿院仏師が独自の造仏を開始するごく初期の新出作例。図録あり(80ページ、1000円)。

鎌倉国宝館
 国府津山寶金剛寺-密教美術の宝庫-
(10月21日~12月3日)

 小田原の国府津山寶金剛寺の仏像・仏画・聖教類を紹介。本尊秘仏地蔵菩薩立像(10c)、銅造如意輪菩薩半跏像(10c)、銅造大日如来坐像(12c)、延慶2年(1309)銘を有する不動明王二童子像、応永3年(1396)制作を示唆する軸木銘のある真言八祖像など。躍動感ある動勢と筋肉表現に優れる特殊な誕生釈迦仏(鎌倉時代と果敢に判断)や文殊菩薩像として伝来した西洋画の手法による人物像(西洋童子像)など、最新の精緻な調査成果を存分に反映。近世文書も活用して資料の伝来史を丁寧に追跡するのも堅実な作業。図録あり(148ページ、1500円)。

鶴岡八幡宮宝物殿
 社殿脇の宝物殿に久しぶりに入り、鎌倉時代の住吉明神倚像を拝観。

鎌倉文華館鶴岡ミュージアム
 鶴岡八幡宮の季節展 秋
(9月14日~12月3日)

 同社のさまざまな宝物を展観。特に刀剣にクローズアップする。国宝古神宝のうち胡籙や、重文行道面をじっくり鑑賞。図録なし。

神奈川県立歴史博物館
 特別展 足柄の仏像
(10月7日~11月26日)

 神奈川県西部・足柄地域に伝来する仏像神像を、各自治体による調査成果を踏まえ、飛鳥時代の塑像から江戸時代の彫像まで網羅的に集める貴重な機会。箱根神社の万巻上人坐像や男神・女神坐像、朝日観音堂の仏像群、京福寺釈迦三尊像や男神立像、蓮台寺他阿真教坐像、三嶋神社薬師如来坐像などなど、興味深い重要作例多数。興福院菩薩頭は箱根山の常行三昧堂本尊像の可能性を見て、奈良仏師成朝か康慶作の仮説を提示(図録概説)。髻形状から平安末奈良仏師は確定的で、特に成朝説は興味深い意見。箱根神社銅製男神坐像については『筥根山縁起幷序』に藤原秀衡奉納とするものにあたる可能性を提示。造像の下限を文治3年とする。本誓寺の仏足文を有する鎌倉時代の阿弥陀如来立像2軀については、中世末~近世の資料や銘記を追跡してその伝来をあとづける。こうした各作例の伝来に関する情報や資料を博捜し解釈する中で仏像を通じた地域史理解も深まるといえ、これからの仏像展・仏像研究のあるべき方向性。会場内で配布する関連文献リストもすばらしい対応。図録あり(160ページ、1500円)。

飛鳥資料館「川原寺と祈りのかけら」、奈良博「第75回正倉院展」、大和文華館「いぬねこ彩彩」鑑賞記

10月26日
飛鳥資料館
 特別展 川原寺と祈りのかけら
(10月6日~12月10日)

 川原寺で仏像調査してから、飛鳥資料館で川原寺裏山遺跡出土の塑像や磚仏鑑賞。7世紀後半創建の伽藍が9世紀に火災にあい、その後被災資料のうち尊像断片類をまとめて板蓋神社のある小丘陵に埋納されたもの。昭和49年に関西大学網干善教氏が発掘調査を行い、そのまま同大考古学研究室が保管してきた資料多数と明日香村が保管する資料から、その概要を紹介。著名な、でも鑑賞機会の少ない塑像断片の数々を間近に鑑賞できる貴重な機会。図録あり(52ページ、1000円)。

10月28日
奈良国立博物館
 第75回正倉院展
(10月28日~11月13日)

 吉例の正倉院展に初日に参上。九条刺納樹皮色袈裟、楓蘇芳染螺鈿槽琵琶、平螺鈿背円鏡、銀平脱鏡箱、雑色瑠璃、刻彫梧桐金銀絵花形合子、紫檀小架、良弁署名文書、青斑石鼈合子などなど今年もバラエティに富むラインナップ。伎楽面はなく布作面が並ぶ。なんといっても漆金銀絵仏龕扉。神将形や天部形を目をこらしながら書き起こし図と見比べながら鑑賞。見える、見えるぞ!。図録あり(182ページ、1500円)。

10月31日
大和文華館
 特別展 いぬねこ彩彩-東アジアの犬と猫の絵画-
(10月7日~11月12日)

 主タイトルから可愛い犬猫いっぱい集めてゆるふわ系展示かと思いきや、ガチガチの美術史正統派展示で見始めて2分で背筋が伸びる。犬猫を画題とした中国画をいかに受容し学び写し影響を受けたかをさまざまな重要作品を集め、中世から近世末までの展開を示す。個人蔵の伝李迪筆狗図と李迪筆犬図など南宋・明・清の犬猫、東博伝毛益猫図や日本民藝館李巌筆花下遊犬図など朝鮮王朝の犬猫と、狩野探幽の李迪筆犬図模本などそれらの模写、西新井大師總持寺俵屋宗達筆犬図などその影響を受けた作例など多数。図録あり(112ページ、1980円)。

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索