fc2ブログ

Entries

有田市郷土資料館「魅惑の初島 流転のみほとけたち」、京都国立博物館「東福寺」、大谷大学博物館「古典籍の魅力 2023」、元興寺法輪館「菅原遺跡と大僧正行基・長岡院」、飛鳥資料館「川原寺と祈りのかけら」鑑賞記

いろんな業務でてんてこ舞いのこの2週間ほどの間に訪れた展覧会をまとめ出し。見学実習の講義とか研究会の用務とかAO入試のついでにとか学生連れての調査のついでにとか、忙しいからこそ短時間でも展示見る機会をくっつけて日々を生きるモチベーションとしております。

10月15日
有田市郷土資料館
 企画展 魅惑の初島 流転のみほとけたち 
(9月23日~11月26日)

 有田市内初島地区の寺院に伝わる仏像や縁起、古文書、経典類から、それぞれの伝来や寺院の変遷をたどり紹介する。正善寺の平安時代の天部形立像や室町時代ごろの十王像、新発見の正善寺縁起、地域から市に託された館蔵の西福寺文書のうち多数の中世文書、上自治会の平安時代に遡る薬師如来坐像や大日如来坐像など、これまで知られていなかった重要資料から地域の宗教文化を浮かび上がらせる。会期中の10月1日と11月18日に正善寺現地の収蔵庫で康平5年(1062)銘大日如来坐像(重要文化財)を企画に連動して公開するのもすばらしい取り組み。図録無し。

10月17日
京都国立博物館
 特別展 東福寺
(10月7日~12月3日)

 臨済禅の古刹東福寺の歴史と寺宝を一堂仁紹介する。開山の円爾像をはじめ多数の高僧の頂相やゆかりの品、墨蹟など、継承された法灯のあかしを核にして、明兆の五百羅漢図や宋元仏画、旧本尊の巨大仏手、迦葉・阿難立像(鎌倉時代)、二天立像(鎌倉時代)など巨像も配置し、巨刹の偉容をも展示室内に立ち上げる。書蹟の部屋の無準師範の優れた禅院額字幷牌字が並ぶ空間に心震える。密かにまねする大好きな書風。図録あり(392ページ、3300円)。

大谷大学博物館
 特別展 宗祖親鸞聖人誕生850年・立教開宗800年記念 古典籍の魅力 2023
(10月10日~11月28日)

 東本願寺学寮の資料を引き継ぐ大谷大学博物館収蔵の古典籍・経典・古文書類の優品を軸に、関連資料をも他機関等から集めて展観。前期・後期で大幅展示替え。前期は宋拓多数、大谷本と京博本の春記、後白河院庁下文(重文)、真宗大谷派顕浄土真実教行証文類(坂東本・国宝)ほか親鸞真筆多数。後期(11/7~)は奈良博親鸞聖人像(熊皮御影・国宝)、湯浅景基寄進状(重文)、京博明恵上人夢記(重文)、三教指帰注集(重文)、高野雑筆集(重文)など。図録あり(88ページ、2000円)。

10月21日
元興寺法輪館
 特別展 菅原遺跡と大僧正行基・長岡院
(10月21日~11月12日)

 元興寺文化財研究所が発掘調査を行った行基供養の長岡院に関する調査成果を遺物をもとに紹介する。研究所保管の瓦のほか、1981年に奈良大学が菅原遺跡で発掘した小型瓦や鬼瓦、薬師寺行基菩薩坐像(宝暦3年・1753、北川雲長作)ほか、行基ゆかりの竹林寺や大庭寺などの資料、頭塔や円形建物に関する資料も集める。図録あり(64ページ、550円)。

10月24日
興福寺国宝館・北円堂
 美術史実習で興福寺へ。国宝館の諸尊像をじっくり拝んでから北円堂の特別開扉(10月21日~11月5日)へ。運慶仏拝観。

10月26日
飛鳥資料館
 特別展 川原寺と祈りのかけら
(10月6日~12月10日)

 川原寺で仏像調査してから、飛鳥資料館で川原寺裏山遺跡出土の塑像や磚仏鑑賞。7世紀後半創建の伽藍が9世紀に火災にあい、その後被災資料のうち尊像断片類をまとめて板葺神社のある小丘陵に埋納されたもの。昭和49年に関西大学網干善教氏が発掘調査を行い、そのまま同大考古学研究室が保管してきた資料多数と明日香村が保管する資料から、その概要を紹介。著名な、でも鑑賞機会の少ない塑像断片の数々を間近に鑑賞できる貴重な機会。図録あり(52ページ、1000円)。

和歌山県立博物館特別展「紀州明恵上人伝」鑑賞記

10月14日、特別展初日の朝一番に和歌山県博に馳せ参じる。

和歌山県立博物館
 特別展 紀州明恵上人伝
(10月14日~11月26日)
  紀州有田に生まれた華厳僧明恵が、故郷に隠遁して修行し、湯浅党の人々と助けあった行跡と、今日まで語り継がれ敬われてきた歴史を、最新の調査成果をもとに展示室内に立ち上げた意欲的な展示。
 施無畏寺の明恵上人坐像(康音作)や本尊千手観音立像、施無畏寺文書(重文・県指定)等、浄教寺の大日如来坐像(重文)や仏涅槃図(重文)、歓喜寺の地蔵菩薩坐像(重文)や歓喜寺文書等、成道寺千手観音立像、神光寺の春日赤童子像や神光寺文書等、勝楽寺釈迦如来坐像(重文)などなど、明恵や湯浅党ゆかりの文化財が一堂に集まる。
 明恵中興の高山寺からは文殊菩薩像(重文)、華厳海会善知識曼荼羅(重文・後期)、春日・住吉明神像(後期)のほか重要な聖教類は写真パネルで紹介。また京都国立博物館明恵上人歌集(国宝)、春日大社春日権現験記絵(春日本)、大谷大学博物館湯浅景基寄進状(重文)など重要資料も集める。
 施無畏寺明恵上人坐像とその背後に巨大な仏眼仏母像(複製)が重なる第一室の空間や、久米田寺明恵上人像と明恵上人樹上坐禅像(複製)、樹上坐禅像の近世~近代の写し、明恵上人石上坐禅像の個人所蔵の新出資料、奈良博明恵上人持経像写などが並ぶ一角は圧巻。必見。
 図録(244頁、2200円)は詳細な資料解説・年表・参考文献とともに論考・コラム多数。高橋修「紀州有田郡の明恵と湯浅氏三代」、島田和「生誕八五〇年記念紀州・明恵房成弁伝」、坂本亮太「明恵の師-文覚・上覚の流れ-」、野呂靖「『華厳経』を実践した明恵」、伊東史朗「施無畏寺神像拝観記」、関根俊一「「鹿座仏舎利」誕生の道のり」と斯道の碩学が筆を執るとともに、川口修実「紀州ハ所遺跡と中西正雄」(有田川町教委)、中原七菜子「令和五年能「春日龍神」上演会」(湯浅町教委)、松井美香「国史跡明恵紀州遺跡率塔婆の保存修理について」(有田市教委)、川岸光司「こころ美しきひと明恵上人を偲ぶ」(明恵上人讃仰会)と関係自治体や顕彰団体の人々から寄稿を受ける。和歌山県博の活動は地域とともにあり、その大きな協力・支援あっての展覧会活動であることを表明する構成。必読。

奈良県立美術館特別展「仮面芸能の系譜−仮面芸能のふるさと奈良-」鑑賞記

10月5日
奈良県立美術館
 特別展 仮面芸能の系譜−仮面芸能のふるさと奈良-
(9月30日~11月12日)

 奈良において花開き継承された仮面芸能を伎楽面・舞楽面・能面と使用される仮面を軸に系統立てて紹介する。猿楽面(能面)は、「まつりといのりの仮面」と「大和の猿楽・山中の伝統」に分けて紹介し、かつ前後期で大幅展示替え。前期は天河弁才天社、正福寺、水間八幡神社、長尾神社など、後期(10/24〜)は奈良豆比古神社、談山神社、大保八阪神社、狭川両西敬神講など。大和の猿楽面を一望できる貴重な機会なので後期も行く。春日大社の室町時代の伎楽面も興味深いもの。奈良博・奈良県立万葉文化館・薬師寺が所蔵する伎楽面や装束の復元品を集めた一角は伎楽の華やかさ賑やかを復元的に演出。入館料一般1800円。図録あり(144頁、3300円)。

MIHO MUSEUM特別展「金峯山の遺宝と神仏」鑑賞記

9月28日
MIHO MUSEUM
 特別展 金峯山の遺宝と神仏
(9月16日~12月10日)

 吉野・大峯の聖地を総称する金峯山の歴史と文化を、金峯山経塚出土の膨大な資料と大峯山寺本堂発掘調査出土資料、そしてさまざまな蔵王権現像を集約して一望する。流出して諸家に分蔵され全貌も見えにくい金峯山経塚資料を丹念に集め、これらが間隙なく並ぶ奇跡の空間。西新井大師總持寺蔵王権現鏡像を初め、神像そのものを鏡面にあらわした鏡像が次々に現れて圧巻。本地仏ではない神像鏡像及び懸仏がメインであるのが金峯山経塚の特徴。役行者が金峯山上湧出岳で感得したとする蔵王権現像も本展の主役。東京・御社神社像(金剛童子像か)、奈良博像、佐野美術館像、吉野如意輪寺像、大峯山寺出土の銅像を集める。役行者像は山梨円楽寺像、奈良博慶俊作銘像。展示の最後には笙ノ窟本尊の天ヶ瀬八坂神社の銅造不動明王立像(寛喜4年・1232)、同じく笙ノ窟安置と推定される京都市蔵銅造不動明王立像(建治2年・1276)が並ぶ。修験道美術の根本資料を堪能。再訪を期す。図録あり(320ページ、3300円)。

龍谷ミュージアム「みちのく いとしい仏たち」、東寺宝物館「東寺の宝物をまもり伝える」鑑賞記

9月26日
龍谷ミュージアム
 みちのく いとしい仏たち
(9月16日~11月19日)

 東北地方各地に継承される専業仏師の手にならない民間仏の、儀軌に即しない自由で大胆な造形に着目し、ずらり136体を紹介。メインビジュアルに使われる兄川山神社の山神像、松川二十五菩薩保存会の如来立像、青森市観音寺の如来立像などなど、造形の自由度が生みだす独特のホトケの表現に、最初は戸惑い、最後はそれら個性的な彫刻に惹きつけられ、積み重ねられた信仰のまなざしをも実感して魅了される。宝積寺の六観音立像は、頭部の小さなすらりとした体型で、尊名と対応する表現はないものの、六体全てで印相や着衣表現を変えて自由度が高く、一部面相は神楽面にも似る。これらと並ぶと、一体だけ出陳された円空仏に儀軌面での整合性を感じるのも不思議な経験。図録あり(180ページ、2400円)。東京ステーションギャラリーに巡回(12月2日~)。

東寺宝物館
 真言宗立教開宗1200年記念 東寺の宝物をまもり伝える-修理の軌跡 継承の志-
(9月20日~11月25日)

 近年文化財指定されたり修理を施された資料を中心に紹介。平安初期の獅子狛犬、大日如来台座の獅子を間近にじっくり。ほか弘法大師行状絵巻、御影堂牛玉宝印版木などのほか、国宝の両界曼荼羅図(伝真言院曼荼羅)は原本の両幅が並んでの公開中(〜10/21)。図録なし。

静嘉堂@丸の内「あの世の探検−地獄の十王勢ぞろい」、東京ステーションギャラリー「春陽会誕生100年 それぞれの闘い」、高島屋史料館TOKYO 「陶の仏−近代常滑の陶彫」鑑賞記

静嘉堂文庫美術館(静嘉堂@丸の内)
 あの世の探検−地獄の十王勢ぞろい
(8月11日~9月24日)

 豊富に所蔵する館蔵仏教美術の中から近時修復した仏画を中心に選んで展観する。元〜明の十王図・二使者図は、高麗時代の被帽地蔵を中幅として13幅をずらり並べる。表具は13幅とも共通し、近世段階では現在の取り合わせになっていたもよう。圧巻の空間は撮影可で、ありがたく表具のようすを一部撮影。高麗仏画ではほかに水月観音像と、雲中より半身を湧出させる苦行釈迦像も高麗と位置づける。美麗な千手観音二十八部衆像、普賢菩薩騎象像(重文)をじっくり鑑賞。初公開の兜跋毘沙門天立像は10世紀作例。地天女と雲気文をあらわす台座も古いもの。なんと曜変天目(国宝)も並ぶ。図録あり(48ページ、1500円)。

東京ステーションギャラリー
 春陽会誕生100年 それぞれの闘い−岸田劉生、中川一政から岡鹿之助へ
(9月16日~11月12日)

 「各人主義」のもと画風さまざまな著名作家の集まりである同会の足跡を作品からたどる。岸田劉生《近藤医学博士之像》(神奈川県立近代美術館)、中川一政《駒ヶ岳》(真鶴町立中川一政美術館)、三岸節子《自画像》(一宮市三岸節子記念美術館)、木村荘八《私のラバさん》(愛知県美術館)、鳥海青児《セリスト(B)》(平塚市美術館)、岡鹿之助《観測所》(静岡県立美術館)などなど、各地の美術館の目玉作品が集まって見応えあり。タイトルの「闘い」には展示構成上は特に踏み込んでいないもよう(見落としただけかもしれない)。図録あり(235頁、2750円)。

高島屋史料館TOKYO
 陶の仏−近代常滑の陶彫
(9月16日~2月25日)

 コンパクトな室内に常滑の職人たちの手になる陶器の仏像がずらり並ぶ。鯉江方寿が開設した常滑美術研究所、その後設立された常滑陶器学校(現愛知県立常滑高等学校)にて学んだ多くの陶彫家のなかから特に柴山清風に注目し、その生涯を通じての観音像制作を紹介。清風の普賢菩薩騎象像や十一面観音立像には著名な(写真のある)仏像を本歌取りしていることが見受けられ、作家性(個人様式)が前に出ないところがある。祈念や鎮魂を目的に観音像制作を続けた「陶の仏師」。和光大学君島彩子氏監修。図録なし。

高島屋史料館「万博と仏教-オリエンタリズムか、それとも祈りか?-」鑑賞記

9月9日
高島屋史料館
 万博と仏教-オリエンタリズムか、それとも祈りか?-
(8月5日〜12月25日)

 万博における仏教的要素の取り扱われ方の展開を紹介。万博や各種博覧会における日本の仏教文化紹介のあり方(オリエンタリズム)と、1970年大阪万博における仏教国のパビリオンにおける信仰要素の提示を対比し、アジア初の大阪万博で仏教表象が信仰と切り離さず提示されたこと、戦争死者への祈念があったことを指摘。ラオス館及び本尊釈迦如来立像(現・長野県昭和寺に移築・移座)ほか大阪万博の仏教系施設のその後の継承についても紹介。図録なし。和光大学君島彩子氏の監修。同じく監修の「陶の仏-近代常滑の陶彫-」は高島屋史料館TOKYOにて9月16日から開催(~2月25日)。

和歌山県立博物館企画展「法燈国師−きのくに禅僧ものがたり−」鑑賞記

9月6日
和歌山県立博物館
 企画展 法燈国師−きのくに禅僧ものがたり− 
(9月2日~10月1日) 

 法燈国師無本覚心とその弟子たち(法燈派)の紀伊国による活動や痕跡を示す、最新の研究成果に基づく多数の新資料を含む54件の文化財を展示公開。法燈国師の展示としては50年ぶり。法燈国師像としては新出の三重・大通寺本(南北朝時代)、興国寺の慶長2年銘版木など。新資料や重要資料はパネルでも紹介。彫像では観福寺二十体羅漢像が、宋代と想定される特徴的な表現の羅漢群像であり注目される。法燈国師が入宋時に入手し、帰国時に風難に遭った際、20人の羅漢により救われたとする伝承あり。担当する坂本亮太氏の科研「鎌倉末~室町期における臨済宗法燈派の動向に関する基礎的研究」の報告書兼図録(96ページ、無料)あり(ただし配布は小部数で館内のみ)。

岡山県立博物館「慈悲のほとけ-観音と古寺の名宝」、おのみち歴史博物館 「新指定文化財公開展-調査してみたら・すごいぞ尾道の仏様!」鑑賞記

9月3日
岡山県立博物館
 特別展 慈悲のほとけ-観音と古寺の名宝-
(7月28日~9月3日)

 最終日に滑り込み。中国観音霊場会の特別協力による展覧会で、観音信仰に関わる資料を軸に、岡山県だけでなく中国地方の仏教美術を集約し公開する。鳥取・大山寺の白鳳時代銅製観音像2躯、特徴的な髻の岡山・法界院聖観音菩薩立像、鳥取・三佛寺の十一面観音立像や蔵王権現立像、広島・浄土寺南無仏太子像、山口・般若寺聖僧坐像などなど、彫刻多数。絵画では山口・龍蔵寺の四天王図鎗金絵扉は元時代にチベット密教由来の図像により沈金技法により描かれたもので、作者銘を伴う。頂相では島根・雲樹寺の三光国師孤峰覚明像は正平25年(1370)の賛あり。ほか広島・西国寺の梵釈四天王五鈷杵鈴、錫杖頭など舶来の工芸品も紹介。図録あり(104ページ、1500円)。

おのみち歴史博物館
 新指定文化財公開展-調査してみたら・すごいぞ尾道の仏様!
(9月2日~11月5日)

 おのみち歴史博物館に初訪問。平成28年度より継続して進めている、新たな尾道市史の「文化財編(下巻)」編纂のための美術工芸品調査によって把握された多数の重要資料の中から、彫刻・絵画資料を紹介。11世紀の西国寺吉祥天立像、12世紀の正念寺聖観音菩薩立像、14世紀の持光寺阿弥陀如来立像など彫刻5体と、類例のない特殊な図像の宝冠阿弥陀三尊来迎図(13~14世紀)を紹介。尾道の仏教美術は本当に水準が高い。市史文化財編は建築等を収載する上巻が刊行中。下巻の刊行が待ち遠しい。彫刻資料5件を紹介したリーフレットあり(無料)。館を後にして浄土寺を訪れ、境内丹生高野明神社にて高野山と尾道のつながりに思いをはせる(高野山領大田荘の倉敷地)。

石川県立歴史博物館 「いしかわの霊場」、国立工芸館 「水のいろ、水のかたち」、金沢能楽美術館「面に酔う」、福井市立郷土歴史博物館「福井の里山・文殊山ゆかりの神仏」、福井県立若狭歴史博物館 「若狭・麗しの密教世界」、愛知県美術館「幻の愛知県博物館」鑑賞記

8月8日
石川県立歴史博物館
 特別展 いしかわの霊場-中世の祈りとみほとけ-
(7月22日~9月3日)

 石川県内の聖地や霊場を、仏像や古文書、考古資料など信仰に関わる資料を用いて復元的に提示。明泉寺秘仏本尊千手観音立像(10c)、石動山天平寺地蔵菩薩立像(10c).翠雲寺弥勒菩薩坐像(11c)など古様で風格のある仏像を間近に拝めるありがたさ。承元2年(1208)銘を有する志賀町高爪神社薬師如来坐像も、聖地高爪山についての情報とともに見るとその重要性が際立つ。常設展示に同じ志賀町の意冨志麻神社(宗像三神祭祀)の、宝徳2年(1450)銘本地仏菩薩形坐像2躯・不動明王坐像も展示(図録未掲載)。羽咋市福永ヤシキダ遺跡出土資料(三鈷鐃、錫杖頭ほか)や金沢市千田北遺跡出土の笠塔婆も興味深い資料。論考多数の図録あり(146ページ、2200円)。

国立工芸館
 所蔵作品展 水のいろ、水のかたち展
(7月7日~9月24日)

 館蔵資料から水に関わる作品を集約して夏にふさわしい涼やかなテーマを構築。水そのもののさまざまなデザイン化にとどまらず、水を入れる機能、水のある風景など、テーマーを広範に捉えて焼物、ガラス、織物から人形までバラエティに富む内容。ガラス製品を露出展示(テグス固定)するのもヒヤッと涼しい。図録あり(16ページ、無料)。

金沢能楽美術館
 企画展 面に酔う-後藤祐自・能面の宴-
(4月22日~8月27日)

現代を代表する面打の1人であり、能面修復も広く手がける後藤祐自氏の作品と、金沢市域の神社に所蔵される近世の装束ほかを紹介。本面の写しは、元面の彩色再現に優れて風格をも写している一方で、各解説に付けられた自らの言葉を見ると、とてもかなわない、難しい、といった抑制的なコメント。誠実。図録なし。

福井市立郷土歴史博物館
 特別陳列 福井の里山・文殊山ゆかりの神仏
(7月27日~9月3日)

 古代の東大寺領糞置荘に接し、福井市と鯖江市にまたがる文珠山の聖地のあり方と周辺地域の信仰史を、考古資料と多数の仏像・神像から浮かび上がらせる意欲的な展示。ずらり仏像神像が並んだ圧巻の展示室の中で一際目を引く鎌倉初期の十一面観音坐像は奈良仏師の作(HP・チラシ等に図版なし)。重要資料。県指定の鎌倉中期ごろの弘法大師坐像も凛々しく堂々とした優作。先般ご開帳が行われた二上観音堂の十一面観音立像(重文)はパネルで紹介。A4・4ページの解説シートあり。

8月9日
福井県立若狭歴史博物館
 若狭・麗しの密教世界一ようこそ密厳浄土へ
(7月29日~8月27日)

 若狭地域の寺院に伝わる仏画を多数集めて密教美術を詳しく紹介。重文3件、県指定10件を含む中世資料25件31点を展示。萬徳寺の弥勒菩薩像(鎌倉時代・重文)や、画面上部に九曜を描き文殊と四天王を配した珍しい文殊菩薩像(鎌倉時代、県指定)、羽賀寺の一具同作の両部曼荼羅、四大明王、十二天像(室町時代後期、県指定)をずらり並べて灌頂の堂内空間をイメージするなど、密教を体験的に伝える。仏像では円通寺観音菩薩立像は胴を絞って裙裾をあげた軽やかな立ち姿の10世紀彫像。若狭を密教から見るという視点を提示する意欲的な展示。図録なし。

愛知県美術館
 企画展 幻の愛知県博物館
(6月30日~8月27日)

 明治時代初期、各地の博覧会ブームのなか設立され、その後展示機能を引き継げず忘れられた「愛知県博物館」について、その時代相とともに復元的に紹介する。民間からの寄附金を集めて当初会社として建て、のちに県立としたもので、殖産興業に比重をおいた物産館・商品陳列観の性格を有する博物館であったことを、関連書籍や旧蔵資料を集めて紹介。図録あるが予約販売で会期末ごろに刊行予定(ページ数不明、1500円)。

Appendix

プロフィール

大河内智之

Author:大河内智之
「観仏三昧」の主催者です。
仏像の研究者です。
奈良大学の教員だったりもします。

月別アーカイブ

ブログ内検索